So-net無料ブログ作成

美留和~川湯温泉~折り返し~茅沼 [SL冬の湿原号]

SL冬の湿原号、釧路から川湯まで11時09分に出発して14時04分到着。長旅だなあ、車だと1時間半だよなあ。
そう思ったのですが、実際乗ってみるとその1時間半よりずっと早く時間が過ぎていきます。
ガイドさんが、S字カーブの撮り鉄さんが集まるポイントを教えてくれました。
まだ先だということでのんびりしていましたが、ふと見るとガイドさんの姿がない!
え~どこ行っちゃったの?ポイント過ぎちゃう?・・・・^^;
と、緩急車の方から手招きして呼んでくれているではないですか。
飛んでいきました。
目の前に人がたくさんいるのでびっくり。近すぎる^^;
まともに撮れずにあっという間に通過。
撮れた?撮れない^^;
しかしそこはS字カーブ。リベンジチャンス到来。

川湯温泉駅手前、美留和の石山と言われるポイントです。
R0019897.jpg
Caplio GX100
奇跡的に撮れてました。そうか、ここが一番人気のポイントなんですね。
皆さん、良い写真が撮れたでしょうか。
今度は私が石山からお見送りしたいです。
そして川湯温泉駅に到着。この駅で少し遅い昼食を取ります。
昼食のことはまた別記事で。
せっかくの温泉ですが、足湯さえ入る余裕がないままホームに戻ります。
R0019906.jpg
R0019907.jpg
Caplio GX100
すでに機関車は帰る体制に切り替えられていました。この風景は来年見学することにしましょう。
弟子屈には子供たちのボランティア観光ガイドがいます。その子たちがホームで手を振って見送ってくれたのですが、微笑ましく気持ちが温かくなりました。
さて、上りでは民家の方にいたため遠くて撮っても点にしかならなかった茅沼駅の丹頂です。
IMGP7121.jpg
PENTAX K7+DA35mmF2.8 Macro Limited
下りではしっかりそばにいてくれました。これもガイドさんが教えてくれて撮れたのです。
IMGP7123.jpg
PENTAX K7+DA35mmF2.8 Macro Limited
実はちょっとした勘違いで摩周駅までの切符を購入してしまい、車内で川湯温泉駅を追加したので帰りの席が変わりました。
カップルの方と相席になったので、少し緩急車に座っていたのですが、ガイドさんや乗客の方のお話が楽しくてそのまま居ついてしまったのです。
緩急車というのは車掌さんが乗務する車両だそうです。今はネイチャーガイドさんが居て湿原や動物たちのことなどを解説してくれています。
動物たちの積雪の足跡の話、とても参考になりました。
来季の冬は足跡を探し、さも知ったふりして記事を書きたいと思います^^ゞ
車内は当時使用していたものがそのままのものもありレトロ感満載、ガタンゴトンという音といい、揺れといいSLに乗っている感満載で面白いです。
とっても揺れてガイドさんの声も頑張って聞かないと聞き取れないので写真を撮るのも忘れてしまいました。それも良し。
ガイドさん、お世話になりました。手を振ってくれた撮り鉄さん子供たち、ありがとうございました。
タグ:SL 釧路
nice!(2)  コメント(4) 

nice! 2

コメント 4

hasamimania

偶然SL湿原号の画像検索にて、この写真を見つけました。人だかりの写真はいつ頃撮影されたんですか?2015.1.17でしょうか?
どうも私が映っている様な気がしますが?日付が一致すれば間違いないかと思いますが。教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。
by hasamimania (2016-07-27 02:19) 

えね

hasamimaniaさん、返信遅くなり申し訳ありません。
お越しいただいてありがとうございます。
このSL湿原号からの撮影は2012年3月20日のものです。
早いもので4年も経ってしまいました。
by えね (2016-08-02 00:03) 

hasamimania

道東@ペンタックス党 様
 こちらこそ連落大変遅くなりなりました。質問当初はチェックしておりましたが、忘れていました。済みません。
 2012年でしたら、人違いですね。丁寧な回答有難うございました。

by hasamimania (2017-08-13 21:23) 

えね

hasamimaniaさん、いえ、いえ、ご丁寧にありがとうございます。
by えね (2017-08-13 22:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。