So-net無料ブログ作成
検索選択

ご当地ブランドフェスタとら・フェスタ2013 [イベント]

今年は雨の中のら・フェスタですよ。
午前中は釧路町のショッピングセンターで開催されていたご当地ブランドフェスティバルで仙鳳趾の焼き牡蠣阿寒町の奏楽の森カフェドーナツを食しました。
阿寒町に今年6月オープンしたカフェはギャラリーもあるそうで今度行った時はぜひとも立ち寄ろうと思う。
仙鳳趾は釧路町でも厚岸湾の端っこにあり潮がきついそうだ。そこで育った牡蠣はなるほど大きいし美味しかった。
写真なくってすみません。日差しを避けて店内の狭いベンチで食べたんで^^ゞ
仙鳳趾って変換しても出てこないですね。さすが難読町名。
ここで問題。

仙鳳趾ってどう読むか。

釧路町の難読町名の中では簡単な部類です。
興味のある方は、釧路町観光ミュージアムへどうぞ。
岬巡りを決行し、途中で足を挫いて断念してから何年経っただろう。
こう書くとかっこいいけど別にウォーキングでの挑戦でもなんでもなく駐車場に車を置き、草わらを数歩歩いて挫いただけです^^;
話戻します。

このときはお天気がよく、暑さ慣れしていない釧路市民の私は日差しが強すぎて既にへたれてしまった。
そして、釧路市内昭和のショッピングセンターへ。
移動中に天候が怪しくなり、とうとう雨がポツポツ。
お昼時間をとうに過ぎたせいもあり雨で行列がほとんどなし。待ち時間ゼロ。これはチャンスということで
2杯いただきました。
今年は地方参戦が3店舗。市内店舗が13店舗。あわせて16店舗。

テーブルと椅子が濡れていてバッグからハンカチを出そうとしたらスタッフの方が飛んできて丁寧に拭いてくれる。
IMGP9990.jpg
PENTAX K-01+DA35mmF2.8 Macro Limited 以下同じ
火の車の黒とんこつ炙り焼きチャーシュー5枚のせ
傘をさしながらのラーメンはシンドイので少々雨粒入り。
日差しは嫌だが、少々の雨粒はオッケー^^;

IMGP9994.jpg
はちべえの知床鶏と羅臼昆布の塩ラーメン
2杯目は雨粒も大きくなり店舗近くの屋根つきを見つけ避難。

IMGP9993.jpg
福龍軒の道産黒毛和牛あじ玉塩ラーメン

写真は3枚だけど全部で4杯食しました^^;
ともだちの分も味見して8種類は食べた計算に。
3杯目からは夜になってからですよ。その間雨が本降りになり店内で腹ごなしをし、ちょうど雨が上がりました。
そうなると行列が半端ない。
IMGP9999.jpg
ご無沙汰してます。カエル同盟88番です!!わかる人はわかるこの響き。

IMGP0009.jpg
店内階段の踊り場から。雨が上がってよかったね。
日中、へたれていた私は夜になって俄然元気になった、典型的な夜型人間です。
9月に入ったら今度はどんぱくでまたグルメ三昧ですよ。
nice!(6)  コメント(2) 

ご当地グルメの祭典 [イベント]

今年もザンギ王を決定するイベントに行ってきましたよ。

IMGP9960.jpg
IMGP9961.jpg
PENTAX K-01+DA35mmF2.8 Macro Limited 以下同じ
今日は釧路らしい夏の風物詩霧に覆われた幣舞橋。

IMGP9976.jpg
IMGP9979.jpg
フェスタで華々しく?デビューしたザンギリ侍とギター侍こと波田陽区さんのW侍コラボもありました。
波田陽区さんのブログを見ると早速その日に侍の仲間ですと写真で紹介してくれてましたよ。

IMGP9987.jpg
昨日の新釧路川釧新花火大会もすごい人出だったけど、こちらもすごいです。

IMGP9940.jpg
ちなみに昨日の花火大会。
フレンチドッグと綿あめを買いに行っただけなので手持ちで撮影。
家の窓から見ようと思ったら・・・
!!
なんと向かいに新しくできた建物に邪魔され全く見えなくなっちゃった。
虚しく音だけ聞いていました。
年に一度のこととは言えこうゆうのって何とも言えないストレスを感じるもんです^^;

あまりのショックに横道に逸れちゃいました。
IMGP9973.jpg
どれ撮ってもそう変わらない絵ずらなのでだけ。もはやこれがどこのザンギかもわからない。
でも味はそれぞれみんな違います。
友達と二人で頑張って6種類食べ比べしてみました。ご飯がほしくなる。
私は釧路塩こうじザンギに1票。友達も同じく1票。恐るべし麹はのちから。
外はカラッと、中はジューシー、味がしっかりしていた。
IMGP9967.jpg
まりもジュース。まりもはゼリーでした。

今年はタイトルがご当地グルメの祭典というだけあり、地元や他方のグルメが勢ぞろい。
一番並んでたのは別海のジャンボホタテバーガーでした。
nice!(5)  コメント(1) 

ルパン三世フェスティバルin浜中町 [浜中町]

11日日曜日にモンキー・パンチさん出生の地である浜中町でルパン三世のイベントがあるということで行ってきましたよ。
IMGP9944.jpg
PENTAX K7+DA35mmF2.8 Macro Limited 以下同じ
道沿いや要所、要所にイベントののぼりがあって、お祭りムード満点。

IMGP0009.jpg
浜中町の牧場の看板はモンキー・パンチさんのイラスト入りです。
昔から故郷に貢献してくれていたんですね。

IMGP9952.jpg
IMGP9989.jpg
IMGP9951.jpg
ルパンタクシーやバスも集合。さすがに列車は来ていなかったけど、ミニカーがあった。
IMGP9962.jpg

この日はモンキー・パンチさんと栗田貫一さんのトークショーが行われました。
日本テレビプロデューサーの中谷敏夫さんがナビゲーター、ルパン三世を制作しているトムス・エンタテインメントのプロデューサー小島哲さん参加の楽しいトークショーが繰り広げられました。
IMGP9959.jpg
撮影禁止なので終了した後のステージです。
裏話満載なので口外禁止、書き込み禁止。トークショーってこれだから楽しいですね^^v

IMGP9975.jpg
浜中町のスポット写真3枚でお宝が手に入る。
写真ならたくさんあるので難なく金の延べ棒ゲット。中身はポリ袋

IMGP9964.jpg
ライブなんかでもそうですが、ステージの後ってグッズの買物意欲倍増しちゃうんです^^;

IMGP9968.jpg
・・で、後で何で買っちゃったのかなあと思うようなものも。
この日も農作業姿のルパンや不二子ちゃんって可愛いなあと思いTシャツとか買ったけど、まんまと浜中町の宣伝に一役買っちゃったわけで^^
いいなあ、浜中町羨ましいなあと思いました。

釧路も、くしろザンギ推進協議会の公式キャラ「ザンギリ侍」の着ぐるみが、やっとデビューでござんぎ。
今週末、イベントがあるんで会いに行ってきます。
なんなら波田陽区さん呼べば?
と思ったらホントに来るみたい。
nice!(4)  コメント(0) 

釧路湿原の花たち [釧路湿原の花]

お久しぶり、釧路湿原の花たちですよ。
今まであんまり撮れていなかった花をUPしてみます。
IMGP9668.jpg
PENTAX K7+FLEKTOGON auto 2.4/35 MC CARL ZEISS JENA DDR
6月、武佐の森にたくさん咲いていたクロユリ(黒百合)ユリ科
以前、村田公園で見たきり武佐の森にこんなに咲いているのは知りませんでした。
いつもオオバナノエンレイソウの満開時期しか行っていなかったのですが、今回はその終わりかけに行った結果のことでした。

IMGP9708.jpg
PENTAX K7+FLEKTOGON auto 2.4/35 MC CARL ZEISS JENA DDR
同じく武佐の森で、ピンクのオオバナノエンレイソウ (大花延齢草)ユリ科を見たのは初めてでした。
白より少し遅れて咲くのでしょうか。

クシロハナシノブ.jpg
PENTAX K7+DA35mmF2.8 Macro Limited
霧多布湿原ではよく見られるクシロハナシノブ(釧路花忍)クシロハナシノブ科
釧路で咲く場所は私の知っている限り、1か所のみ。
しかも結構寂しい道をひた歩かなければならない。
何度か撮りに出かけているのですが、ブログ引っ越し前でこちらにはUPしていなかったようで。
前回こんなに歩いたかなあと・・体力の減退のせいでしょうか。

モウセンゴケ.jpg
PENTAX K7+DA35mmF2.8 Macro Limited
多分見過ごしてしまってきた7月初めの温根内木道でモウセンゴケ(毛氈苔)モウセンゴケ科
望遠レンズを持っていかず、木道の上でかなり無理な体勢で撮り、トリミングしてUP

ツルコケモモ.jpg
同じく7月の温根内木道でツルコケモモ(蔓苔桃)ツツジ科
これもやはりかなり小さくて無理やりな撮影
ちょっと花が閉じちゃっているけれど、よく見るとカタクリに似てますね。
そしてクランベリーの花だってことも知らずにいました。
nice!(8)  コメント(4) 

遅ればせながら桜木紫乃さんおめでとうございます [映画&ドラマ&舞台&本]

ご存じでしょうが、第149回直木賞を取った桜木紫乃さんは釧路出身ですよ。
実は私、恥ずかしながら凍原しか読んでいません。
以前、桜木紫乃さんの本のイメージ写真をというコメントいただきまして、
そのときは本当に恥ずかしながら1冊も読んだことがなく、冬の撮影の前に凍原を読んでおかなくては・・・
と手に取ったのが昨年の11月でした。
読んでみると、凍原の重要なシーンで描かれる季節はなんと5月でして^^;
凍原というので、霧氷に包まれた湿原を思い描いていたのですが、舞台は霧に包まれた湿原だったのです。
読まないで決めつけてしまったことに後悔。
ご当地小説を毛嫌いして読まないでいたことも後悔。
いや、直木賞を取ったからという理由でなく、凍原を読んでみて、小説にしろ、歌にしろ、別に釧路じゃなくてもいいじゃんというようなとってつけたようなご当地ものではなかったからです。
しかし、文庫本になったらいろいろ読んでみようとホテルローヤルも買っていなかったことはやっぱり後悔。
これは直木賞取ったから思ったこと。

ホテルローヤルは数年前まで営業していたホテルですが、住所を聞くと遠矢方面に向かうときに目立って数件あるホテルの中の1件だったのだなあと思います。
でも、その名前に記憶はありません。

凍原に関して言えば、現地に赴くもののなかなかイメージ通りの写真は撮れておらず、反省しきり。
その場所については撮れてからにしたい。・・と意地になってしまいます。

IMGP9612.jpg
PENTAX K7+FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]
現地じゃないけれど5月の釧路湿原です。
枯れ葦と緑が混在した季節。
nice!(6)  コメント(4) 

真夏の方程式 [映画&ドラマ&舞台&本]

真夏の方程式を見ましたよ。
しかも3回。
大の東野圭吾さんファンで・・
大のガリレオファンで・・
大の湯川学准教授ファンで・・
何を隠そう特大の福山雅治さんファンなのです。
容疑者Xの献身のコメントのときはそんなこと言ってなかったゾ。

まあそれはさておき、容疑者X同様今回も原作を読んでから行きました。
映画夏休み、海、実験、ってだけで自分の子供の頃を思い出せていい心地で郷愁に浸れます。
恭平君とのやりとりに重点が置かれとても素晴らしく描かれていました。
なのでミステリーという要素は若干薄いような気がします。

期待度大きすぎたのか、1回目気持ちが入れず2回、3回と見てしまった。
細かいシーンが目に留まり、容疑者Xのような伏線が数ありました。でも泣くに至らず。

う~ん、どうして泣けたの?なんで私泣けないの?
と母に聞いたら、あんたは冷静に見すぎているとのこと。
わかったようなわからないような・・母の言うことは的確だとは思う。
映画を見ていない。ストーリーを見ている。ましゃ(福山さんの愛称)を見ている。演技を見ている。
ましゃの映画を見るにあたって力がはいりすぎているのか?
それも違うような気がする。

ここから、ネタばれかしら?

IMGP8558.jpg
PENTAX K-01+DA 40mm F2.8 XS 映画とは関係ありません。私独断のイメージです^^;

続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。